義烈の道楽とパワプロ2020作成選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

ダイエー

パワプロ2020【ダイエー】木村茂

2002年成績 7試合 0勝0敗0S 8.1回 5奪三振 被安打10 防御率9.72 WHIP2.52 千葉商大→ダイエー(1997年D3位) 140km台後半のストレートを武器にダイエーへ入団。 ルーキーイヤーから出場するが、制球難からわずか5試合の登板に終わる。 2000年、2002年に出場し20…

パワプロ2020【ダイエー】吉田修司

2000年成績 69試合 9勝3敗1S 95.2回 72奪三振 被安打85(被打率.244) 防御率3.01 WHIP1.22 北海道拓殖銀行→巨人(1988年D1位)→ダイエー・ソフトバンク→オリックス 巨人在籍時はなかなか成績をあげられずに、トレードでダイエーに移籍。 緩い球(カーブ・パーム)…

パワプロ 2018【ダイエー】河野亮

再現年度・1996年

パワプロ 2018【ダイエー】本間満

再現年度・2004年

パワプロ 2018【ダイエー】藤本博史

再現年度・1992年

パワプロ 2018【ダイエー】ブライアン・トラックスラー

再現年度・1994年 ロサンゼルス・ドジャース傘下からダイエーに入団。 愛嬌ある体型から愛称はコロコロちゃんと呼ばれるようになり、その人気さから博多人形も売り出されるようになる。 年間通して一塁手として出場するも、平凡な成績しかあげられず、翌年の…

パワプロ 2018【ダイエー】佐々木誠

再現年度・1992年 83年のドラフトで6位指名を受け南海に入団。 高卒2年目には規定打席未達ながらも.291をマーク、翌年は落ち込んだ。 しかし、それ以降は打撃で打率3割、二桁本塁打を度々キープしたり、走力では盗塁王を獲得、守備の方はゴールデングラブ賞…

パワプロ 2018【ダイエー】小久保裕紀

再現年度・1995年 逆指名でダイエーに入団。 プロ1年目から6本塁打と片鱗を見せると、2年目には28本塁打を放ち本塁打王のタイトルと、二塁手としてゴールデングラブ、ベストナインを獲得。 走っても14盗塁(失敗4)、リーグ最多の9三塁打を記録。 以降はリーグ…

パワプロ 2018【ダイエー】岡本克道

再現年度・2002年 高校、社会人を経てダイエーに入団。 即戦力として1年目からリリーフでフル回転。 初登板から引退するまでの全試合をリリーフ登板。 引退後は横浜のコーチやBCリーグの監督などを務める。

パワプロ 2018【ダイエー】柳田聖人

再現年度・1998年 1987年に南海に入団。 入団してからは、ファームでは格の違いを見せつけるが、一軍には定着する事は出来なかった。 その後、ヤクルトにトレードで入団し、2年間プレー。 再びトレードでダイエーに復帰。 復帰すると、手堅い守備で三塁手と…