義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

西武

パワプロ2020【西武】横田久則

1998年成績 21試合 6勝9敗0S 129回 95奪三振 被安打113(被打率.238 ストレート被打率.290 フォーク被打率.137 得点圏被打率.232 対左打者被打率.240) 防御率3.35 WHIP1.24 那賀高→阪神(1985年D6位)→千葉ロッテマリーンズ→阪神タイガース→兄弟エレファンツ 左…

パワプロ2020【ロッテ】小林宏之

2002年成績 58試合 7勝4敗6S 81.2回 84奪三振(奪三振率9.26) 被安打67(被打率.224 得点圏被打率.108 対左打者被打率.258) 防御率2.53 WHIP1.15 春日部共栄高→中日(1996年D4位)→阪神→群馬ダイヤモンドペガサス→信濃グランセローズ→西武 ロッテでは入団から200…

パワプロ2020【西武】デニー(友利結)

1999年成績 52試合 2勝4敗12S 62回 65奪三振(奪三振率9.44) 被安打47(被打率.207 得点圏被打率.153 対左打者被打率.200) 防御率2.03 WHIP1.02 興南高→大洋(1986年D1位)→西武→横浜→中日 興南高→大洋(1986年D1位)→西武→横浜→中日 長髪がトレードマークの中継ぎ…

パワプロ2020【西武】長田秀一郎

2010年成績 56試合 5勝3敗0S17H 65.1回 61奪三振(奪三振率8.40) 被安打55(被打率.233) 防御率3.31 WHIP1.21 慶應大(現王子)→西武(2002年D自由獲得枠)→横浜ベイスターズ→新潟アルビレックBC 自由獲得枠で西武に入団すると1年目から46試合に出場し、中継ぎ・先…

パワプロ 2018【西武】原井和也

再現年度・1997年 社会人の松下電器から西武に入団。 1997年から出場機会が増えると、93試合に出場、.263 11盗塁(盗塁死2)と結果を残す。 以降も代走、守備固めと起用された。 2002年オフにはロッテに移籍、82試合に出場した。 2004年オフに戦力外通告を受け…

パワプロ 2018【西武】髙木大成

再現年度・1996年 慶応大からドラフト1位で西武に入団。 1年目から伊東勤と併用という形で試合に出場し、80試合に出場、4本塁打を放つ。 翌年から打撃を生かす為、一塁手に転向すると7本塁打、24盗塁と結果を残し初のゴールデングラブ賞を受賞。 翌1998年も…

パワプロ 2018【西武】アレックス・カブレラ

再現年度・2002年

パワプロ 2018【西武】後藤武敏

再現年度・2008年 法政大からドラフト自由獲得枠にて西武に入団。 ルーキーイヤーから四番に座るなど活躍、2003年二桁本塁打を記録。 2008年には主に外野手としての出場が多く、自己最多の12本塁打。 トレードで横浜に移籍すると、不振選手に代わって出場す…

パワプロ 2018【西武】トニー・フェルナンデス

再現年度・2000年 MLB通算2240安打を記録し、前年もトロント・ブルージェイズで142試合に出場の現役メジャーリーガーが西武に入団。 日本でもその打力は変わらず怪我などありながらも、二桁本塁打、打率.327を記録。 しかし、当時38歳という高齢もあり一年で…

パワプロ 2018【西武】コーリー・ポール

再現年度・1999年 1999年に西武に途中入団すると、いきなり12本塁打を放つ活躍。 しかし翌2000年はレジー・ジェファーソンとトニー・フェルナンデスのメジャーリーガーコンビが入団すると、ファーム暮らしを余儀なくされる。 同じく2001年もアレックス・カブ…

パワプロ 2018【西武】赤田将吾

再現年度・2006年 内野手として西武に入団。 入団当初は芽が出なかったものの、外野手に転向した2001年から、年々出場機会が増加、2004年には初の100試合以上出場、二桁盗塁をマークして飛躍する事に。 再現年度の2006年はキャリアハイとなる出場数、安打数…

パワプロ 2018【西武】和田一浩

再現年度・2001年 神戸製鋼から捕手として西武に入団。 入団当初は伊東勤がおり、なかなかスタメンで出場する機会がなかったものの、2年目からは外野手に挑戦。 2001年には捕手、外野手、一塁手として出場し、初の二桁本塁打を放ち打棒が開花する。 2002年か…

パワプロ 2018【西武】小関竜也

再現年度・2002年 國學院栃木高から西武に入団。 プロ入り1年目は一軍試合出場なし、2年目にプロ初出場をはたす。(1試合出場) 3年目も僅か1試合のみの出場にとどまるが、4年目には一気に104試合に出場、新人王に輝く。 以降は俊足巧打、高いディフェンス力を…

パワプロ 2018【西武】松井稼頭央

再現年度・1997年 PL学園時代は投手として活躍したものの西武から野手として指名され、入団。 1年目は一軍出場が無く、2年目から一軍に上ると徐々に頭角を表すようになる。 3年目には初の全試合に出場、4年目再現年度には、二年連続の全試合出場、自身初の3…

パワプロ 2018【西武】田辺徳雄

再現年度・1994年 名手・田辺。 西武の正遊撃手として活躍。 守備だけでなく、打率も度々3割を超えるなど打撃でもチームに貢献。 しかし、松井稼頭央がレギュラーに定着してきた、1996年からは出場機会が減り、二塁を多く守るようになる。 以降は、成績も徐…

パワプロ 2018【西武】デニー(友利結)

再現年度・1999年 興南高から大洋に入団。 入団してからファーム暮らしが続いたが、サイドスローに転向し、西武に移籍すると活躍するようになる。 西武では貴重なセットアッパーとして、時にはクローザーとしても安定した成績を残す。 しかし、ほとんど出場…

パワプロ 2018【西武】柴田博之

再現年度・2004年 俊足巧打で活躍した外野手。 2001年にはリーグ最多8三塁打、20盗塁、2004年にも20盗塁以上決める。 しかし現役生活では常にケガに悩まされ、一軍定着とはならなかった。 2007年戦力外通告、現役を引退する。

パワプロ 2018【西武】高木浩之

再現年度・2002年 西武の正二塁手。 1997年から出場機会を一気に増やし、2002年は初の規定打席到達、ベストナインとゴールデングラブを獲得する。 打撃は平凡でも勝負強さ、三振の少なさ、バントなどの小技、足もそこそこ速く、主に9番打者として活躍。 その…

パワプロ 2018【西武】上田浩明

再現年度・2001年 スーパーサブ上田、守備固めであればとにかくこの人。 打撃では泣かず飛ばず、ついに引退まで本塁打を記録することはありませんでした、、、 しかし、守備は一級品。 グラブ捌きだけでなく、内野どこでも無難にこなすのも素晴らしい所。 こ…

パワプロ 2018【西武】トム・エバンス

再現年度・2002年 元々は阪神に在籍していた選手。 阪神時代はごく平凡な活躍だったのが、西武へ移籍すると打棒が覚醒、フル出場していれば30発近く放っていた可能性も。 失策と三振の多さ、不安定さが難だったか。 リーグ変わって活躍する選手の一人でもあ…