義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ 2018【ロッテ】早坂圭介

f:id:GIRETSU:20200513223052j:image
f:id:GIRETSU:20200513223048j:image
f:id:GIRETSU:20200513223056j:image

再現年度・2009年

 

横浜商工高からドラフト8巡目でロッテに入団。

 

俊足を発揮し、ルーキーイヤーにはいきなり、イースタンリーグ盗塁王となる。

 

現役時代にはウエスタンリーグで3度も盗塁王を獲得する。

 

一軍初出場はルーキーイヤーの2003年で、一軍では二つの盗塁を決めている。

 

再現年度の2009年には正遊撃手に西岡剛がいたこと、自身の出場機会を増やすため、外野手にも挑戦し、自己最多の103試合出場、12盗塁を記録。

 

2009年の打撃でも対左投手に対しては.296と相性が良かった。(一方で右投手に対しては.200と精彩を欠いた。)

また、規定打席に未達ながら三塁打を4本放った。

 

一軍出場がなかった2015年にはオフに戦力外通告を受けて現役を引退。