義烈の道楽とパワプロ2020作成選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【横浜】進藤達哉

f:id:GIRETSU:20200726213928j:image
f:id:GIRETSU:20200726213932j:image
f:id:GIRETSU:20200726213925j:image

再現年度・1999号

 

高岡商業高校からドラフト外で入団。

 

1988年に一軍初出場、一軍に定着した当初は守備固めや代走要因として活躍。

 

1992年には一気に遊撃手のレギュラーに定着、二桁本塁打を放つなどパンチ力を見せつける。

 

1996年には三塁手から二塁手へコンバートされたが、怪我やロバート・ローズのまずい三塁守備もあり、最終的に三塁手として落ち着いた。

 

その結果、1997年〜1999年にかけて3年連続でゴールデングラブ賞を受賞、名手として名を馳せた。

 

2001年にオリックスへトレードで移籍。

 

オリックスでも半ばレギュラーとして起用されていたが、今まで守ったポジションをまんべんなく守備しておりユーティリティさも見せている。

 

2003年オフに現役引退。