義烈の道楽とパワプロ2020作成選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【ヤクルト】ロベルト・ペタジーニ

f:id:GIRETSU:20200805220753j:image
f:id:GIRETSU:20200805220756j:image
f:id:GIRETSU:20200805215606j:image

再現年度・2001年

 

1999年に来日すると来日初年度からいきなり44本塁打を放ち、松井秀喜を差し置いて本塁打王

 

巨人に移籍するまでは怪我にも強く、毎年安定した好成績を挙げており、ヤクルトの優勝した2001年にはMVPを獲得。

 

2001年は得点圏打率.358、127打点で本塁打王に加え、打点王にも輝いた。

 

初球打ちはめっぽう強く、同年は実に初球打率.470ノーストライク時の打率は.480と相手投手からすると脅威以上の物となった。

 

サヨナラの場面にも強く、この2001年は2本のサヨナラ本塁打。(NPB通算6本塁打)

 

守備も2000年から3年連続ゴールデングラブを獲得、肩も強く巨人に移籍して外野手として出場、6補殺と強肩(狂肩含む)を披露することもあった。

 

しかし、外野手として出場させたのが仇となり、膝の古傷が開いて故障がちになってしまう。

(外野手としての出場は1999年ヤクルト時代以来)

 

巨人移籍2年目には再び一塁専門になるも、打撃成績は本塁打、打率で来日ワーストを記録。

 

高年俸などもあり、2004年オフに巨人を自由契約

 

その後、MLBKBOと渡り歩き、再びNPBに復帰した後、現役引退。