義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【中日】大豊泰昭

f:id:GIRETSU:20200814234416j:image
f:id:GIRETSU:20200814234408j:image
f:id:GIRETSU:20200814234403j:image

再現年度・1996年

 

名古屋商科大から中日球団職員を経てドラフト2位で中日に入団。

 

元々は外野手だったが、1994年に落合博満が巨人へ移籍した事に伴い、一塁専守となる。

 

独特の一本足打法からラインドライブの効いた強烈な打球で本塁打を量産。

 

一塁へコンバートした同年は38本塁打、107打点で打撃二冠。

 

1996年にも38本塁打を放った。

 

この1996年は初球から積極的に振りに行き、ノーストライク時の打率は.419を記録。

 

絶好調の時は手をつけられず、スランプに陥るとその期間が長く、同年は18号から19号が出るまでに11試合、33号から34号が出るまで10試合を要した。

 

1998年には阪神へ移籍し3年間在籍、再び古巣・中日に移籍するも振るわず2003年3月に現役を引退。