義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【横浜】駒田徳広

f:id:GIRETSU:20200823211953j:image
f:id:GIRETSU:20200823211947j:image
f:id:GIRETSU:20200823211950j:image

再現年度・1996年

 

奈良・桜井商から巨人に入団。

 

巨人では徐々に頭角を現し、1987年にレギュラー定着し初の2桁本塁打を記録。

 

1993年オフにはFAで横浜へ移籍、これが現在に至るまで巨人でFA宣言して他球団へ移籍した唯一の選手となっている。

 

満塁では勝負強さを見せ、通算の満塁本塁打13本は歴代5位、満塁での通算打率は.332を誇る。

 

再現年度の1996年も満塁での打率は.400(20打数8安打)2本塁打となっている。

 

又、この年は逆方向への当たりも多く、右へ40安打に対し、左へ46安打放っている。

 

併殺も多く最多は1994年の29併殺、この年も18併殺を数えている。

 

2001年初頭に現役を引退。