義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【ダイエー】城島健司

f:id:GIRETSU:20200826081221j:image
f:id:GIRETSU:20200826081217j:image

f:id:GIRETSU:20200826003148j:image

再現年度・2001年

 

別府大学付属高校(現・明豊高校)からドラフト1位でダイエーに入団。

 

強肩キャッチャーとして入団し3年目からは打撃も開眼し、ダイエーの正捕手かつリーグを代表する捕手として活躍し始める。

 

打率3割も度々記録し、再現年度の2001年にはついに31本塁打を放つ活躍。

 

典型的なプルヒッターであり、この年放った31本塁打中左方向へは25本を数え、安打でも138安打中89本を左方向へ放っている。

 

守っては最大の武器である強肩で、2001年から4年連続で盗塁阻止率1位を記録した。

 

走っても、2001年は9盗塁(4盗塁死)、前年も10盗塁(2盗塁死)など、NPB通算で72盗塁と正に打てる、守れる、走れる理想的な捕手だった。

 

メジャー復帰後は阪神で活躍、復帰1年目は28本塁打、打率3割をマーク。

 

復帰2年目は怪我の影響が大きく振るわず、翌年は一塁手としてプレーし、プロ入り以来初めて捕手としての出場がなかった。(本塁打0もルーキーイヤーの1995年以来だった)

 

2012年オフに現役を引退、2020年現在は福岡ソフトバンクホークス会長付特別アドバイザーとなっている。