義烈のキャンプ時々パワプロ2022

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【阪神】桧山進次郎

f:id:GIRETSU:20200901231900j:image
f:id:GIRETSU:20200901231904j:image
f:id:GIRETSU:20200901231907j:image

再現年度・1996年


京都府出身・平安高→東洋大阪神(1991年D4位)


入団4年目の1995年からレギュラーに定着、翌1996年は全試合出場・22本塁打を放ち阪神打線の中核として活躍。


早いカウントに強く、ノーストライク時の打率.384


また、選球眼もよく66四球、出塁率.353を記録。


しかしこの年はチャンスに弱く得点圏打率.205で、三振も前の年の67三振から108三振、1997年にはリーグワースト2位(1位は清原和博の152三振)の150三振を喫する。


長きに渡り阪神に在籍し、暗黒時代も優勝した時代も知る選手となった。


晩年は代打で活躍、通算代打起用回数・代打安打数・代打打点数は歴代2位の記録を持つ。


2013年限りで現役を引退。