義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【阪神】今岡誠

f:id:GIRETSU:20200906223611j:image
f:id:GIRETSU:20200906223616j:image

f:id:GIRETSU:20200906214139j:image

再現年度・1998年

 

東洋大からドラフト1位で入団。

 

一年目は98試合、1998年にはショートにコンバートして133試合に出場。

 

再現年度の1998年は打率.293  7本塁打を記録、代名詞の早打ちもノーストライク時の打率.390

 

勝負強さもこの頃から健在で、この年の得点圏打率.333

 

足はそこまで速くなかったが、内野安打は15本を数え、三塁打を3本放っている。

 

繋げるのも上手く、1998年は27犠打(キャリアハイ)を記録。

 

入団からしばらく平凡な成績しか残せなかったが、後々首位打者打点王も獲得し、阪神優勝の原動力となった。

 

しかし、2006年から不調に陥るとそのまま復調する事なく2012年限りで現役を引退。

 

2020年現在はロッテの二軍監督を務める。