義烈の道楽とパワプロ2021作成選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【大阪近鉄】吉岡雄二

f:id:GIRETSU:20200909232452j:image
f:id:GIRETSU:20200909232456j:image
f:id:GIRETSU:20200909232500j:image

再現年度・2000年

 

帝京高から巨人に入団。

 

怪我もあり初出場は4年目の1993年、初本塁打は実に6年目の1995年という遅咲きのスラッガー

 

しかし、巨人では一軍の厚い選手層に阻まれ、石井浩郎との交換トレードで近鉄に移籍。

 

1998年に13本塁打と頭角を表し、2000年には18本塁打、翌2001年は26本塁打を放ち近鉄優勝の原動力となった。

 

プルヒッター気味のバッターで、再現年度の2000年は18本塁打中、左方向へ13本塁打(右0本)放っている。

 

この年左投手にも強く、対左投手打率.337

 

足でも見せる事が多々あり右打者ながら三塁打を4本、再現年度の前年には12盗塁(盗塁死6)を決めている。

 

2002年も26本塁打を記録し、2004年は怪我でシーズンを棒に振る。

 

2004年オフには分配ドラフト楽天に入団、初期の楽天で主力として活躍。

 

2008年限りで楽天を退団、2010年オフに現役を引退、。

 

2020年現在は日本ハムの二軍打撃コーチを務める。