義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【巨人】入来祐作

f:id:GIRETSU:20200919175152j:image
f:id:GIRETSU:20200919175148j:image
f:id:GIRETSU:20200919175144j:image

再現年度・1997年

 

1997年成績

57試合 1勝6敗2S(2SP) 90回 94奪三振(奪三振率9.40) 防御率3.10

 

本田技研(現Honda)からドラフト1位で入団。

 

MAX150kmの直球とスライダー・フォークを軸に緩いカーブも織り交ぜるピッチングスタイルで、一年目から先発、ロングリリーフ、抑えと活躍。

 

防御率こそ3点台だったが被打率.201に対し、得点圏被打率.153とピンチに強かった。

 

その後は怪我などもあり伸び悩むが2001年に13勝を記録。

 

晩年は横浜に移籍し引退、そのまま横浜の打撃投手や二軍の用具係りを担当してBossのCMに出演、話題となった。