義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【日本ハム】カルロス・ミラバル

f:id:GIRETSU:20201219194502j:image
f:id:GIRETSU:20201219194458j:image

f:id:GIRETSU:20201217235336j:image

2001年成績

51試合 2勝6敗18S 55回 43奪三振 被安打62(被打率.284) 防御率3.44 WHIP1.42

和信ホエールズ日本ハム→米独立リーグ

 

来日2年目の2001年は自己最多の51試合登板。

 

150km/hを超えるストレートと、多彩な変化球で打ち取るピッチングを持ち味とする。

 

しかし、そのストレートも被安打の65%を占めるなどキレを欠き、被打率も高い物になってしまった。

 

同年の最終登板には先発を経験し、翌年から本格的に先発へと転向する。

 

2005年オフに日本ハムを退団。

 

本人曰く、現在でもストレートは144km/hを記録するとか...

 

ちなみに日本ハムで最後に背番号00を付けた人物でもある。