義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

【パワプロ2022】城島健司(1997ダイエー)





1997年成績
120試合 打率.308(得点圏.364 対左投手.324) 15本 68打点 6盗塁(成功率.750) 四球22 出塁率.343 併殺打15
別府大附高(現・明豊高)→福岡ダイエーホークス(1994年D1位)→シアトル・マリナーズ阪神

球界を代表する捕手の活躍はここから始まった。

1996年終盤にプロ初HRを含む4ホーマー。

こういう選手って、翌年の活躍が非常に楽しみですよね。

2006年には、日本人捕手として初めてMLBに挑戦。

晩年は阪神でプレー、故障で引退を決意。

二軍でチームメイトから胴上げされ引退。



初球○
思い切りの良さが出る。
初球打率.415

逆境○
9回での同点打やサヨナラ打もインパクト大
7回以降二点差以内打率.390

プルヒッター
この頃から引っ張る打撃
本塁打方向
左:13
中:2
右:0


パワナンバー:10300 10606 51129