義烈の道楽とパワプロ2021作成選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【広島】玉木重雄

f:id:GIRETSU:20201003190335j:image
f:id:GIRETSU:20201003190255j:image
f:id:GIRETSU:20201003190251j:image

再現年度・2001年

62試合 9勝3敗3S(12SP) 75回 65奪三振 防御率2.61

 

カスペル・リベロ高を経て三菱自動車川崎へ入社、1995年D3位で広島入団。

 

ブラジルはサンパウロ出身だが、1999年に日本に帰化している。

 

入団1年目からリリーバーとして活躍、1998年、2001年、2002年と50試合以上に登板して中継ぎとしては欠かせない存在だった。

 

特に2001年はキャリアハイとなる62試合に登板。

 

内角責めを得意としており、現在確認できる動画でもその様子を見る事ができる。

 

変化球も打者の手元で鋭く曲がるスライダーを主に、縦のカーブ、フォークボールを投げ分ける。(2001年には打ち取った球種の43%がスライダーだった)

 

晩年は楽天に移籍、2006年オフに現役引退。