義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

【パワプロ2022】田中賢介(2006日本ハム)





2006年成績
125試合 打率.301(得点圏.305 対左投手.288) 7本 42打点 21盗塁(成功率.750) 30四球 34犠打 出塁率.358
東福岡高日本ハム(1999年D2位)→サンフランシスコ・ジャイアンツ日本ハム

金子誠が遊撃に転向してしばらく、二塁を固定出来ていなかったのが、田中賢介のブレークにより解消される。

しかも、ブレークした年は、ベストナインゴールデングラブを獲得。

その後は、2013年にメジャー挑戦。

メジャーから復帰してもシュアな打撃は健在だった。

惜しくも、日米通算1500安打まであと1本という所で現役引退。



プルヒッター
本塁打のみならず安打まで...
安打方向
左:14
中:23
右:63(7HR)

内野安打○
内野安打13


パワナンバー:10900 70657 11936