義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【大阪近鉄】岩隈久志

新年明けましておめでとう御座います。

 

今年も昨年と同様にパワプロや、趣味の事についてぼちぼち綴って行きたいと思います!

 

年明けに気づきましたが、今年は丑年らしいですね。

 

という訳で近鉄バファローズの選手を今日・明日で公開して行きます。

f:id:GIRETSU:20210103220201j:image
f:id:GIRETSU:20210103220154j:image
f:id:GIRETSU:20210103220157j:image

2004年成績

21試合 15勝2敗0S 158.2回 123奪三振 被安打149 防御率3.01 WHIP1.13

堀越高→大阪近鉄(1999年D5位)→東北楽天シアトル・マリナーズ→巨人

 

近鉄バファローズ最後のエース

 

キレの良いスライダーを軸とし、フォーク(スプリット)・シュート、制球力を武器に晩年の近鉄のエースとして活躍。

 

2004年はアテネ五輪出場の為21試合の登板に終わるが、15勝(2敗)し最多勝と最高勝率のタイトルを獲得。(本来15勝だけなら勝ち運は付けないけど、この勝率とこの登板数からの勝ち星で付けてみました。)

 

又、スタミナもあり前年は190回以上を、この年は158回ながら7回以上投じた試合が21試合中18試合もあった。(1試合平均投球回7.5回)

 

球界再編問題では新規参入球団である楽天に移籍、黎明期の球団を支えた。

 

MLBシアトル・マリナーズに移籍してから退団するまでメジャー通算63勝。ノーヒットノーランも記録している。

 

故障してからはマリナーズを退団、巨人に入団するも右肩の状態は上向かず、2020年限りで現役を引退。