義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【西武】垣内哲也

f:id:GIRETSU:20200721223541j:image
f:id:GIRETSU:20200721223538j:image

f:id:GIRETSU:20200721223810j:image

再現年度・1996年

 

和歌山県立日高高校中津分校からドラフト3位で入団。


初の分校出身者としての指名も話題になった。


入団当初はキャッチャーとして入団も、強肩強打を活かすために外野手へコンバート。


1996年は自己ベストの28本塁打57打点。

 

安打の半分以上の58安打(内野安打3本含む)を引っ張り方向へ放っている典型的なプルヒッターでもあった。


ガタイの良い体格ながらも俊足の持ち主で、同年は16盗塁をマーク。


外野守備も5補殺を記録(前年92試合で6、翌年45試合で5)


後に椎木匠とトレードでロッテへ移籍。

 

2006年オフに現役引退、2020年からは東北楽天ゴールデンイーグルスの二軍打撃コーチを務める。