義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【ヤクルト】飯田哲也

f:id:GIRETSU:20200729214727j:image
f:id:GIRETSU:20200729214724j:image
f:id:GIRETSU:20200729214720j:image

再現年度・1996年

 

拓大紅陵高からヤクルトに捕手として入団。

 

監督だった野村克也に能力を見出され、二塁手、外野手へコンバート。

 

それがハマって1991年から7年連続でゴールデングラブ賞、長年に渡り外野の名手として君臨する。

 

ゴロを打つバッティングを心がけて内野安打を打つ事が多く、再現年度の1996年は右打者ながら17安打。

 

右打ちも非常に上手く、同年は外野へはライト方向へ1番安打を放っている。(ライト44安打・センター42安打・レフト20安打)

 

しかし、ピークは1997年までで、その年以降は徐々に出場数が減るようになる。

 

2004年は一軍に出場するようになってからは自己ワーストの3試合出場に止まり、楽天へ無償トレード。

 

2006年オフに現役引退。