義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【西武】許銘傑

f:id:GIRETSU:20201107223839j:image
f:id:GIRETSU:20201107223846j:image
f:id:GIRETSU:20201107223842j:image

再現年度・2002年

 

2002年成績

20試合 9勝7敗0S 118.1回 88奪三振 被安打124(被打率.270) 防御率3.65 WHIP1.30

 

台中金剛→西武→オリックスLamigoモンキーズ→中信兄弟

 

2001年は初の二桁勝利を記録、最優秀防御率も獲得かと思われたが自身最後の登板となった9月29日対オリックス戦で5回8失点と言う乱調振りでタイトルを逃した。

 

この乱調振りでは翌年の春先まで影響し、シーズン序盤から2軍調整を強いられる事になった。

 

好不調の波が大きく、前年から防御率の成績が若干下がったが制球力は大きく改善された。(与四球率.2.282)

 

2011年オフにFAでオリックスに移籍。

 

NPB史上初となる外国人選手のFA移籍となり話題になった。

 

オリックスに2年在籍しその後はCPBLに復帰、2016年限りで現役を引退。

 

2020年現在は西武の2軍投手コーチを務める。

 

 

パワナンバー:11600 71160 07151