義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

【パワプロ2022】シャーマン・オバンドー(日本ハム)

f:id:GIRETSU:20220422084915j:image
f:id:GIRETSU:20220422084918j:image
f:id:GIRETSU:20220422084913j:image

2004年成績

42試合 打率.338(得点圏.317 対左投手.405 0ストライク.425) 8本 25打点 0盗塁(成功率.000) 出塁率.419

メキシカン・リーグ→日本ハム→メキシカン・リーグ→日本ハム


パワプロ2022の再現第一号選手はこの人、言わずと知れた「パナマの怪人シャーマン・オバンドー


東京ドーム看板直撃弾4度と、並外れたパワーが持ち味。


また、200cm、100kgと覚えやすい身長・体重も特徴。

 

2004年オールスター戦明けからNPB復帰し、ファンからはフェルナンド・セギノールと共に「セギ様」「オバ様」と呼称される。

 

プルヒッター

安打の50%が左方向!

 


固め打ち

この年の猛打賞自体は3回だが、NPB復帰戦でいきなり3安打の固め打ちは、強いインパクトを残す。

 

回復F

欠場8試合、代打7試合

特にシーズン終盤に欠場や代打のみの登場が多くなっている。

 

 

 

パワナンバー:10700 80000 29495