義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

【パワプロ2022】李炳圭(中日)

f:id:GIRETSU:20220527081646j:image
f:id:GIRETSU:20220527081651j:image
f:id:GIRETSU:20220527081648j:image

2007年成績

132試合 打率.262(得点圏.250 対左投手.248) 9本 46打点 0盗塁(盗塁死2) 四球23  出塁率.295 内野安打19 三振108

LGツインズ→中日→LGツインズ

 


韓国のイチローと呼び声高かったものの、NPBに移籍してからは、、、

 


特に走塁面と守備面では、故障する2003年までがピークだった。

 


中日時代では、チームがかなりリードしてる時によく打点を挙げるシーンが散見された。

 


韓国・LGに復帰して、2013年には.348というハイアベレージで首位打者を獲得している。

 

 

 

ダメ押し

トドメの李炳圭

 


初球○

初球から積極的に!

0ストライク打率.427

 


流し打ち

流麗な打撃は健在

安打方向

左:45

中:36

右:44

 

パワナンバー:10600 20348 40215