義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【ダイエー】岡本克道

f:id:GIRETSU:20201104212829j:image
f:id:GIRETSU:20201104212823j:image
f:id:GIRETSU:20201104212826j:image

再現年度・2002年

 

2002年成績

48試合 5勝1敗8S 53.2回 65奪三振(奪三振率10.9) 被安打40(被打率.206) 防御率1.51 WHIP0.93


東芝ダイエー(1996年D5位)


2002年は48試合登板、得点圏被打率.116とピンチに非常に強い事もあって防御率1点台。


制球で苦しむ事は滅多になく(与四球率1.68)キレのあるストレートとスライダーを外角低めに決めていく。


この年は直球のキレも抜群で打者に投じた球種の74%がストレート、奪った65三振中実に51個がストレートというものだった。

 

翌2003年は54試合と登板機会を増やしたが防御率は4点代と悪化、2004年からは不調などもあり登板数は激減。

 

2006年オフに現役引退、2019年からHonda鈴鹿でコーチを務める。

 

パワナンバー:11000 81079 07285