義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

パワプロ2020【オリックス】鈴木平

f:id:GIRETSU:20201224234114j:image
f:id:GIRETSU:20201224234116j:image
f:id:GIRETSU:20201224234119j:image

1997年成績

42試合 3勝5敗6S 47回 29奪三振 被安打44(被打率.249) 防御率3.83 WHIP1.57

東海大一高→ヤクルト→オリックス→中日→ダイエー

 

ヤクルトからオリックスに移籍すると中継ぎで一気にブレーク。

 

95年から2年連続で50試合登板で、オリックスの優勝にも貢献。

 

97年は故障もあり調子を落としたが、得点圏被打率200.被本塁打は僅か2(本塁打率0.383)と抑え込んだ。

 

しかしその反面、与四球率が一気に悪化(与四球率5.745)、対左打者被打率.317と失点に繋がるケースが増大。

 

それでも中日に移籍するまで、オリックス5年間で200試合以上に登板し、オリックスの中継ぎ陣を支えた。

 

中日に移籍するとそれ以降急激に登板数が減少、2002年オフに戦力外通告を受けて現役を引退。