義烈の道楽とパワプロ2022選手公開blog

ご覧頂き、ありがとうございます。このブログでは、過去にNPBに在籍した選手を実況パワフルプロ野球2020サクセスで作成し、公開して行きたいと思っています。作成する選手は90年代から現在に至るまでの日本人・外国人選手です。可能な限り能力を再現して行こうと思いますが、再現出来ていない所についてはご容赦頂ければと思います。又、以前やっていたYahooブログがいつのまにか閉鎖された為、こちらで日常や趣味などを引き続き綴って行きたいと思います。

日本ハム

パワプロ2020【阪神】坪井智哉

1998年成績 123試合 打率.327(得点圏打率.324 対左投手打率.284 ノーストライク打率.422) 2本 21打点 7盗塁(成功率.583) 3犠打 32四球 出塁率.383 内野安打22本 猛打賞11回 東芝→阪神(1997年D4位) パワナンバー:11800 71434 30926

パワプロ2020【日本ハム】芝草宇宙

2002年成績 55試合 4勝3敗11S 60.1回 50奪三振 被安打62(被打率.272 得点圏被打率.288 対左打者被打率.287) 防御率3.58 WHIP1.24 被本塁打10(被本塁打率1.939) 帝京高→日本ハム(1987年D6位)→ソフトバンク→興農ブルズ パワナンバー:11100 61433 5…

パワプロ2020【日本ハム】立石尚行

2005年成績 28試合 5勝1敗0S4H 72.2回 47奪三振 被安打77(被打率.278 得点圏被打率.237 対左打者被打率.303) 防御率2.23 WHIP1.31 NTT関東→日本ハム(1998年D3位) 28歳の高齢で日本ハムに入団。 中継ぎ・先発の谷間も難なくこなせる貴重な存在として日本ハム…

パワプロ2020【日本ハム】関根裕之

1998年成績 25試合 9勝7敗0S 160.2回 75奪三振 被安打159(被打率.261 得点圏被打率.236 対左打者被打率.236) 防御率3.36 WHIP1.26 東北福祉大→日本ハム(1993年D1位) ドラフト1位で期待された当初だが、入団2年目からは故障に悩まされる。 1997年から徐々に復…

パワプロ2020【日本ハム】黒木潤司(黒木純司)

1999年成績 50試合 3勝3敗8S 73.2回 39奪三振 被安打83(被打率.291) 防御率3.54 WHIP1.52 三菱自動車水島(現三菱自動車倉敷オーシャンズ)→日本ハム(1995年D4位)→ロッテ 150kmのストレートを武器に中継ぎとして活躍。 1999年には自己最多50試合登板を記録。 …

パワプロ2020【日本ハム】本西厚博

1999年成績 94試合 打率.227 0本 12打点 5盗塁 13犠打 25四球 出塁率.363 三菱重工長崎→阪急(1985年D4位)→阪神→日本ハム→ロッテ 非常に高い守備力でオリックスでは、イチロー、田口壮らと鉄壁の外野陣を形成。 1997年には金銭トレードで阪神に移籍し、代打逆…

パワプロ 2018【日本ハム】林孝哉

再現年度・2002年 箕島高からドラフト7位でダイエーに入団。 二軍暮らしが長かった苦労人。 入団からしばらく経った1995年に一軍初出場、そこから再び二軍暮らしが続き、1999年プロ8年目にして初本塁打を放つ。 2002年途中で田口昌徳との交換トレードで日本…

パワプロ 2018【日本ハム】中村豊

再現年度・2001年

パワプロ 2018【日本ハム】藤島誠剛

再現年度・1999年 岩陽高校(現・岩国総合高校)からドラフト3位で入団。 入団からしばらく二軍暮らしが続いたが、1992年に初安打初打点を、1995年には初本塁打を記録。 再現年度のこの年は持ち前のパワーを発揮し、自己最多の7本塁打をマークするも好不調の波…

パワプロ 2018【日本ハム】小田智之

再現年度・2004年 ドラフト2位で日本ハムに入団。 入団からしばらくは一軍出場は無く、一軍出場後も結果が出なかったものの、2004年には持ち前の打撃が開花、打率.322、8本塁打を記録。 翌年は自己最多となる99試合に出場、その後は怪我に苦しみながらも代打…

パワプロ 2018【日本ハム】広瀬哲朗

再現年度・1994年 本田技研(現Honda)からドラフト1位で入団。 入団当初は守備固め、代走要員と、大きな活躍はできなかったが主将となった1993年からレギュラーに定着する。 そこから2年連続でゴールデングラブを獲得するなど、守備力も高かった。 1998年オフ…

パワプロ 2018【日本ハム】小笠原道大

再現年度・2000年 NTT関東から捕手として日本ハムに入団。 ルーキーイヤーは目立つ成績は残せなかったものの、2年目は規定打席未達ながら打率3割を記録。 3年目は本格的に一塁へコンバート、初の二桁本塁打を放つ。 再現年度の2000年には、3割30本を記録、盗…

パワプロ 2018【日本ハム】石本努

再現年度・1999年 別府大附属高(現・大分明豊高校)からドラフト2位で入団。 入団2年目から怪我に悩まされる。 再現年度の1999年には規定打席には到達しないものの、打率3割を記録。 残念ながら怪我もあり、年間通して定着する事は出来なかった。 2005年、戦…

パワプロ 2018【日本ハム】野口寿浩

再現年度・2000年 1989年に習志野高からドラフト外でヤクルトに入団。 ヤクルトでは、古田敦也という絶対的な捕手がいた為、出場機会は限られていたが、足の速さを活かして外野手としても出場していた。 1998年に日本ハムにトレードで入団すると日本ハムの正…

パワプロ 2018【日本ハム】井出竜也

再現年度・1997年 日通から1993年にドラフト2位で日本ハムに入団。 俊足強肩の外野手として活躍。 再現年度の1997年は27盗塁、守っては12捕殺を記録。 守備のみならず、パンチ力もあり、2000年と2002年は自身最多の13本塁打を放つ。 しかし、2003年になると…

パワプロ 2018【日本ハム】マット・ウインタース

再現年度・1992年 MLBロイヤルズから日本ハムに入団。 日本球界一年目から4年連続で30本塁打のパワーヒッター。 1991年に130試合フル出場、1993~1994年も2年連続フル出場と比較的故障に対しても強さを見せる。 様々なパフォーマンスやファンサービスを行い…

パワプロ 2018【日本ハム】マイカ・フランクリン

再現年度・1999年 1999年から2年間日本ハムと阪神でプレー。 スイッチの強打者で、日ハム在籍時は両打席本塁打を記録する。 日本球界一年目は、30本塁打と首脳陣の期待に応える。 意外にも強肩で、96試合外野の守備に就いて8捕殺するなど守備でも活躍。 しか…

パワプロ 2018【日本ハム】岩本ツトム

再現年度・1999年 まいど!!で同じみ、ガンちゃんこと岩本ツトム(勉)です。 阪南大高校からドラフト2位で入団すると3年目にイップスを発症してしばらく一軍で活躍できず。 しかし1995年にプロ初勝利を挙げて、5勝をマークすると翌年には二桁勝利。 抜群のス…

パワプロ 2018【日本ハム】バーナード・ブリトー

再現年度・1995年 マイナー通算292本塁打を手土産に(?)1995年に途中入団。 すると、その年わずか56試合で21本塁打を放って爆発的な活躍。 翌年は打率こそ、前年より落としたが(三振、併殺打は激増)自ら途中退団を申し出て退団。 1997年にはCPBLの時報イーグ…

パワプロ 2018【日本ハム】芝草宇宙

再現年度・2002年 宇宙と書いて「ひろし」 入団してからは先発や中継ぎとして活躍。 1999年にはサイドスローに転向し、翌年以降は完全に救援専門になる。 2005年2006年は登板機会なく、戦力外通告を受けるとCPBLの興農ブルズに入団。 しかし、興農でも活躍で…

パワプロ 2018【日本ハム】ラファエル・オレラーノ

再現年度・1999年 貴重なサウスポーとして1997年オフに日本ハム入団。 ロングリリーフ、先発の谷間、敗戦処理、左のワンポイントまでこなすなどしていたが、、、 最終的に制球難を克服する事は出来ず、2000年に退団。 ※映像で見ると、変化の大きいカーブ(ナ…

パワプロ 2018【日本ハム】関根裕之

再現年度・1998年 東北福祉大からドラフト1位で入団。 即戦力と謳われながらも、入団後3年間は目立った成績は残せなかった。 1998年に9勝を挙げたのを皮切りに、2000年まで先発ローテの核となり活躍。 多彩な変化球で打ち取るタイプの投手でしたが、とにかく…